住宅ローンの仕組み

住宅ローンでくれぐれも躓かないようにしましょう

生活環境の変化には注意しましょう

当初の計画上の問題

住宅ローンの計画に始めから無理があったパターンです。
「頭金なしでフルローンを組んだ」「貯蓄ゼロの状態でローンを組んだ」「収入に比べて返済金額が多すぎる」などのパターンです。「頭金が捻出できない」「貯蓄がない」という状態では、住宅を購入した直後は頑張ろうと思っても、貯蓄などの余裕資金を作れる生活スタイルへは、なかなか変えられません。頭金なしで住宅ローンを組まれる場合は、物件的に無理をせず余裕のある返済計画を立てることをおすすめします。
稀なケースですが、本来通らないローン審査が通ってしまうケースもあります。営業実績が欲しい業者が意図的に審査の通りやすい書類の作成を手助けしてしまい、結果として本人の身の丈を超えた融資が実行されてしまう場合です。
ローンを組む自覚・ローンを抱える自覚をもって、申し込み時の資料を準備し内容を十分確認しましょう。

不測の事態発生の問題

誰もがローンで躓きたいなどとは思っていません。しかし人生上で不測の事態に陥った時、ローンの返済が滞ることがあります。
例えば、自分自身が病気や怪我になった・近親者の介護が必要になった、倒産・リストラ・賃金賞与の減額等で以前より年収が減ったなど、不本意ながら「払えない」状況に陥ることです。保険などで病気などは対策できますが、収入減の保障までカバーしているケースは、それほど多くありません。
また子供の教育費の増加など生活環境の変更で、当初の予定以外の出費がかかってしまう場合もあります。
離婚も住宅の所有権とともにローンの払いをどうするかの問題を生じます。夫婦の世帯収入に合わせたローン計画が、離婚とともに破綻を引き起こし、売却というケースが多々あります。
マンションの場合、周囲の高い生活水準に合わせる気苦労、追加の修繕費用の徴収など、思わぬ出費がローン支払いの足を引っ張りかねません。



TOP